History

2007年11月、Speeeは創業されました。
Speeeという社名には
「Speedの“d”を“e”に変え、Speedの1歩先へ」
「世界中で発音できる名前を」
という2つの想いが込められています。
Speeeを1つのプロダクトとして捉え、世界水準の存在にしてゆく。
そのために、私たちは一歩一歩真摯に、歩みを進めています。

2007

モバイルSEOへの参入

Speeeは2007年にモバイルSEO事業により創業いたしました。
高い技術力・分析力を駆使すること
スタートアップながら多くの大手企業様を顧客とすることができました。
早期にマーケットを席巻し、名実ともに業界トップへ。

2009

組織崩壊と
“Speeeカルチャー”誕生

創業2期目に起きた、社員の大量離職という「組織崩壊」。
これをきっかけに、『Speeeにおける、人と組織の理想の在り方』を定義。
そうして、15のSpeeeカルチャーが生み出されました。
このSpeeeカルチャーを大切にしてきたことが、
Speeeという組織の原動力となり、
最大の競争優位性となっています。

2011

代表交代と、
グローバルへの挑戦を志す。

創業者の久田から、創業期からSpeeeを支えてきた
大塚への代表交代。久田が新規事業に専念。
大塚が経営を担うこととなりました。
BtoBの企業から、BtoCも共存される企業へ、
Speeeの、一度目の変革期だったと言えます。

2013〜2015

既存事業部においては、B2cB,toCともに新たな価値創造を実現すべくBtoBであるWebマーケティング領域ではアドテクノロジー、BtoCのメディア領域では不動産売却メディア、美容、エンタメ、海外展開、医療事業への参入等、様々な新規事業への挑戦をスタート。
この期間に6つの事業を新たに立ち上げました。

2017

2015年にスタートをした事業が2年目を向かえ、
事業の選択と集中を行うことを決断。
事業領域を、国内は、デジタルマーケティング・不動産メディアの運営。海外は、HR領域に絞り、各事業領域での課題解決を探求する構えと進化を遂げています。
ここの事業領域の再編は、Speeeの第二の変革期だったと言えます。

2017年の事業領域は、あくまでも、現時点で定義されているものであり、今後はその限りではありません。
Speeeが目指すことは、これからも事業を連続的に創造し、グロースさせながら、社会に大きなインパクトを与える存在となること。
そして、社会の課題を次々と解決する、”世界水準のプロダクト”となること。
そのためのアクセルを踏み続けるべく、”BizDev”を今の私たちのコンセプトとし、真摯に歩みを進めています。