Interview

ゲーム開発から事業開発へ エンジニアの“枠”を越え、より成長できる環境を求めて

エンジニア

BizDevをひとつのスタイルとして、事業を開発し続ける株式会社Speeeでは多くのエンジニアが活躍しています。当社のエンジニアを務める森岡周平は、中学生の頃からエンジニアになるイメージを持ち続けていました。 そんな森岡がエンジニアとして歩んできたこれまでの道のりと、Speeeで見つけたエンジニアとして成長できる環境をお伝えします。

エンジニアになりたいーー森岡がそう考えるようになったのは中学生の頃

「当時はどのニュースを見ても不景気って言葉ばかりが流れていました。そんな中、IT技術者の需要が高まる!みたいなニュースを見て、これだったら食いっぱぐれることはないだろうと考えて高専に入学しました。始めはそんな考えだったんです。」(森岡)

高専を経て理系の大学へ進学。学生時代は、ベンチャー系の企業でアルバイトをしながら、研究に没頭する日々を過ごしていました。そして卒業後は、中学生の頃から思い描いていたエンジニアの道へ進むことになったのです。

「大企業で長い期間研修を受けるよりは現場に入って、現場でしか学べないことを早いうちから学んでいきたいと考えたんです。それができると思い、勢いのあった大手エンタメ企業に入社することに決めました」(森岡)

入社後すぐにゲームアプリのチームに加わることに。新規開発や機能開発、そして海外対応版アプリの開発を担当するまでに成長しました。しかし、ここで大きな壁が立ちはだかります。

エンジニアにとって恵まれた環境に”危機感”を抱いた

「前職には、本当にすごいエンジニアの人たちが大勢いまして….自分が技術的な壁にぶつかったとき、会社のエンジニアの人に話してみると既に誰かがぶつかった壁だったりして、その解決策からコードまで、簡単にアクセスできるような状態だったんです。だから、普通に働いていると、会社で求められる仕事をする上で、成長する為のちょうど良い高さの技術的な壁にぶつかることがあまりなかったんです。」(森岡)

このままでは、自分で壁を超え、尊敬するエンジニアの人たちと同じような経験を積んでいきたいという気持ちから、森岡は転職を考えました。

 “高速道路を作る側に回りたい”という思いから転職を決意

「優秀なエンジニアがたくさんいて、開発のための高速道路が既に作られていました。誰かが作ってくれた高速道路に乗せてもらっているいまの状態からは、尊敬するエンジニアの人たちのような経験を得ることができない。自分で高速道路を作る経験を積んで成長したいという気持ちから、自らの手で高速道路を作るために飛び出してみようと転職活動をはじめたんです」(森岡)

いまの環境は枠が完成されている、自分もその枠を作るところから手掛けたい。イチから枠作りに関われそうな若い組織、社会に新しい価値を提供していける会社で働きたい。エンジニアとしての幅をもっと広げたい。こうした森岡の想いと、Speeeの開発組織の状況が合致しました。

“応援”してくれる風土で成長していく

「最初にジョインしたのはヌリカエというプロダクトでした。ちょうど立ち上げ時期にジョインしまして、そこでインフラからフロントエンドまで、全部担当しました。前の会社ではインフラチームがサーバの用意をしてくれていたので、初めての経験でした。」(森岡)

Speeeでは1人のエンジニアがインフラからフロントエンドまで、全て対応することが珍しくはない。それぞれの分野で強いエンジニアや技術顧問がいて、技術的に問題がないか見てもらうこともできる。こうした環境は、森岡にとって魅力的なものでした。

その後、開発基盤グループに所属し、開発効率を向上するためのツールを外部の専門家にレビューして貰いながらOSSとして開発するなど、”高速道路を作る側に回りたい”という森岡の要望に合致した仕事にも携わることになりました。

「Speeeでは、自分で提案し自分でやると言えば、大抵の仕事は任せて貰えます。また、RubyKaigiやRubyWorld Conferenceなど、大きな技術イベントには業務として出張扱いで、参加できます。勉強のために利用したサーバー費用を会社が出してくれたり、学習に必要な書籍を申請すると、その日のうちに購入してくれるような制度もあります。このようにエンジニアがやりたいことをする上で、少しでもプラスになるようなことがあれば、会社として応援してくれる状態にあります」(森岡)

現在森岡は、技術顧問の藤 吾郎氏(gfx)監修のもと、全社的なサービスの速度改善のための、新しいシステムの開発をしています。”高速道路を作る側に回り、エンジニアとして成長したい”という理由で転職した森岡は、今はSpeeeでまさにそのような経験をし、Speeeのエンジニア組織と共に圧倒的なスピードで成長しています。

Text by PR Table 2016.10.19

Speeeの未来をつくる。Speeeと一緒に未来を引きよせる。
意欲ある方からのご応募をお待ちしています。