次の世代にまで残り、
世界に貢献し続ける事業やプロダクトを
一緒に想像していきましょう。

Speeeは何をしたい会社か? その問に答えるならば、 「Speeeは事業・プロダクト創造に全力投球し続けたい会社」だと言えます。

私は幼い頃から、経営者になると決めて生きてきました。社会の基準となる価値を、 グローバルレベルで提供できる企業を創る。それだけを、目標としてきました。

Speeeを創業したのは2007年、22歳の時です。 2015年現在では、Speeeはスタートアップでもメガベンチャーでもなく、 ミドルフェーズのベンチャー企業となりました。

ミドルベンチャーからメガベンチャーを目指す。 既存事業を柱に、新規事業への取り組みもようやく形になりつつあります。 これからは、国内・海外、BtoB・BtoCともにチャレンジし ミドルからメガベンチャーへの飛躍を目指す、非常にエキサイティングな時期に来ています。

しかし、事業成長のスピードに比べてみると、プロダクトの創造を担ってくれるエンジニアは、 まだまだ足りません。事業創造が加速している今のSpeeeには、個々の強みを活かす 環境があると思います。Speeeを社会に大きな価値を提供できる存在にしていくため、個々の 強みを最大限活かし、プロダクトを勝利へ導いてくれるエンジニアを、私たちは求めています。

是非、一緒に次の世代にまで遺るようなプロダクトを作りましょう。

代表取締役 CEO
大塚 英樹
Speeeの未来をつくる。Speeeと一緒に未来を引きよせる。
意欲ある方からのご応募をお待ちしています。