様々な事業の相乗効果が、
事業拡張のスパイラルを創造。

Speeeの考えるビジネス R&Dとは?

Speeeでは、Business Developmentし続ける各領域が相乗効果を発揮し、
スパイラルアップを継続する仕組みを、事業展開の理想像としています。
3つのSTEPを設定し、事業の拡張に努めています。

  • サーチ・アドテクを中心とする
    デジタルコンサルティング領域。

  • デジタルコンサルティングでの
    ノウハウを活かした、
    インターネットメディア領域。

  • STEP1~STEP2のノウハウ・データ

    活かした IT×リアル産業の構造
    変革領域。
    Speeeとして
    今後挑戦していく領域です。

ビジネス R&Dフェーズ

スタートしたばかりの事業群を
「ビジネス R&Dフェーズ」と定義しています。
現在、幅広い領域で新しい価値提供をめざす事業が
動き始め、その可能性を広げています。

現在ビジネス R&Dフェーズにある事業

  • HR
    インターネットメディア領域

    初の海外展開サービス。
    インドネシアに拠点を構え、
    ASEAN(東南アジア)を中心
    としたHR領域の事業を展開。

  • 不動産
    インターネットメディア領域

    イエウール、ヌリカエに次ぐ、
    不動産×アルゴリズム・AI
    をテーマに価値
    提供するサービスを企画中。

  • メディカル・
    ヘルスケア領域
    IT×リアル産業の構造変革

    BtoB、BtoC向けの、
    メディカル・ヘルスケアサービス
    を提供するプロダクトを企画中。

  • その他

    インベストメント領域
    株式会社BEC 株式会社VRize
    への投資。

    BEC.inc WEBサイトへ VRize WEBサイトへ