クライアントのビジネスを、
洗練されたナレッジと技術で
長期的にサポートする
( コンサルティング )

高度化されたデジタルマーケティングの提供
日々進化していくデジタルテクノロジーを適切に活用することで、これまで最適化しきれてこなかったマーケティング活動を次のステージに進めていきます。短期的なビジネスインパクトの創出に留まらず、中長期的な視点での取組みを設計から実行までカバーしていく事で、クライアントのデジタルマーケティングパートナーとしてビジネスの成長と社会価値創造をサポートしていきます。

デジタルによる顧客体験の高度化

マーケティングコミュニケーションにおいて、認知獲得からロイヤルティ形成までの一連のプロセスを一貫した顧客体験を通じて提供していく事は極めて重要です。特にユーザー自身も彼らの行動様式も多様化・複雑化している社会においては、これまで局所的な目的ごとに分断されていたマーケティング活動を、デジタルシフトの中で統合していく事が重要になってきています。
Speeeでは、情報を待ち受けて消費するマス型のオーディエンスに向けた従来型のアプローチではなく、能動的なユーザーの情報探索行動に対して、デジタル上での結びつきが行われやすくしていく様々な取組みをマーケティングプログラムとして提供していきます。

テクノロジー活用の高度化

いかに正確にユーザーの事を理解できるか、その上でいかに適切なコミュニケーションを設計できるか。この精度がマーケティング活動の価値を左右します。デジタル上でこの精度を高めるためには、データを蓄積し、ユーザーからのレスポンスをスピーディかつ正確に処理する事が重要です。さらに、AI(こと機械学習)を用いる事でデータに基づくアクションまでを自動最適化していく事も可能になっています。
単にこれらの技術を単体で押し出したサービスが増える一方、ユーザ理解に基づくコミュニケーション精度を実際に向上させるには、複数のテクノロジーについてその応用方法にまで精通し、適切に組み合わせて活用していく事が重要です。Speeeでは、マーケティングプロセスごとに最適なテクノロジーを取り入れ、プロセスを連動させることで、その応用の幅と付加価値の高さを追求していきます。

ExecutionとPDCAの高度化

高度な計画やテクノロジーが提供されても、現場でそれを高度に活用し続けていけるケースは極めて稀です。よって、我々が実行段階をサポートする際、単にプロジェクトを完遂まで導いたり、日々の運用をフォローしていくという事だけでは、ユーザーへの価値提供を長期的に成し遂げていくには不十分だと考えています。1サイクルの実行ではなく、常に戦略から戦術・施策までの一貫性・整合性を担保しながら、複数のサイクルを繋げてスパイラルアップさせていく必要があります。 Speeeでは、広告やデータの運用、戦略とKPIに基づくPDCAの実行について、ダッシュボードや専用ツールも提供しながらクライアントと一緒に長期視点で行っていきます。